ドクの画像倶楽部

テキトーに撮った画像をテキトーに貼りマス

「目」

 

f:id:kartu:20200223143917j:plain

ビエンナーレに展示されそな画像であるが
去年末、御所で撮った「目」である
目で見て脳でソレを判断するワケである

先日の某新聞社の結果発表もそのシステムを踏んでの判断だ
おそらくソコへ投稿しても無駄だと判断して
1枚の画像を別口に投稿した
二重投稿という姑息な事ぁしない)

目で見て脳でソレを判断するシステム
トコロ変わればそのシステムも大きく変わるもんだ
今回はいい教訓となった(適材適所)

 

f:id:kartu:20200223130830j:plain

ちなみに「足利庭園」とは 興聖寺(クリック)にある庭園であります
賞状を手にしたら本家で思いっきり自慢ブログを書く予定だ。

春を待つ画像 Ⅱ

f:id:kartu:20200206095500j:plain

 

f:id:kartu:20200214121448j:plain

 

 

f:id:kartu:20200206100212j:plain

 

 

f:id:kartu:20200214121653j:plain

この地から見る愛宕山の風景も好きだが
京都迎賓館内にある「夕映(ゆうばえ)の間」
そこの「愛宕夕照(あたごゆうしょう)」は実際見た事ぁない

見た事ぁないが大体この辺りから見た風景と思える
撮るなら川の上にドローンを飛ばすしかない

(太陽の位置は夏から秋かな)

比叡山は高野もしくは修学院あたりから見た感じゃが
もっと秀峰に見える場所を知ってるつもりだ
(自転車で行くにゃ チト遠い)

また こんど。

梅だより 2

f:id:kartu:20200207074335j:plain

フムフム 欲目で見てゴッホ風味なボケゃ

 

f:id:kartu:20200207074601j:plain

職場近くの民家の軒先に蝋梅を発見した

武市偏ペータに言っておく

仕事中にも撮影意識を持てぃッ!

(そんな余裕 アリマおんせん~)さよか

 

f:id:kartu:20200207075620j:plain

梅の花を撮ると1年の始まりを意識する

今年ゃ どんな画像と巡り会えるかなぁ

(てな感じゃ)

 

f:id:kartu:20200207080043j:plain

ほなまた こんど。

梅だより 1

夜勤前に軽くエントリーしときますと
今年始めて節分の画像を撮りにいくことができなかった
(バイトのジジぃがよせばいいのに旅行へ行ったからである)

f:id:kartu:20200205092317j:plain

なので今朝はショボく梅小路公園へ赴き梅の開花状況を視察
(ショボく咲き始めだ)

 

f:id:kartu:20200205092506j:plain

 

f:id:kartu:20200205092632j:plain

最近発見したが梅が満開になる前にナニか落ちるのか
スズメのフードコートになっておるのだ

そこでとある出勤途上のサイクルロードで梅とスズメを
テーマにシャッターを押したが若干の痛恨手ブレ発生

f:id:kartu:20200129115923j:plain

後日同じ場所へ行ったがもうスズメのフードコートは
撤去されたようだ(ヒジョーにザンネンと思った)。

休日ドライヴィング日記 3

敦賀をあとにして帰りは湖東へ回って行きつけのスーパー銭湯にて

露天とチビたいチビたい水風呂の往復

(精神修行をかねて5回繰り返す)

ちょうど夕日の時間となったので長浜方面へ赴いた

f:id:kartu:20200115162703j:plain

風がびゅんびゅん吹いてなんともイマイチな夕日だ

 

場所を変えて伊吹山を撮った

f:id:kartu:20200115164034j:plain

ココでいいか悪いか2名のヘラ釣師と出会い

あーだこーだと情報交換しながら喋りながら写真も撮らにゃならん

けっこう忙しかったが実り多いドライヴィングであった

 

おわり。