ドクの画像倶楽部

テキトーに撮った画像をテキトーに貼りマス

「目」

ビエンナーレに展示されそな画像であるが去年末、御所で撮った「目」である目で見て脳でソレを判断するワケである 先日の某新聞社の結果発表もそのシステムを踏んでの判断だおそらくソコへ投稿しても無駄だと判断して1枚の画像を別口に投稿した(二重投稿と…

春を待つ画像 3

また 某新聞社の入賞結果作品を見たが優秀賞より佳作の作品の方がよかったよに思うなぁ あのブランコなんかよかったし岡本さんってあの岡本さんやろねじつに「爽快」な作品でありましたネ おわり。

春を待つ画像 Ⅱ

この地から見る愛宕山の風景も好きだが京都迎賓館内にある「夕映(ゆうばえ)の間」そこの「愛宕夕照(あたごゆうしょう)」は実際見た事ぁない 見た事ぁないが大体この辺りから見た風景と思える撮るなら川の上にドローンを飛ばすしかない (太陽の位置は夏から…

春を待つ画像

中学生の頃 バイトして上鳥羽あたりのだだっ広い畑に ひとり下ろされ九条ネギの収穫をした (サッブぃサッブぃ季節やった事ぉ思い出した)

梅だより 2

フムフム 欲目で見てゴッホ風味なボケゃ 職場近くの民家の軒先に蝋梅を発見した 武市偏ペータに言っておく 仕事中にも撮影意識を持てぃッ! (そんな余裕 アリマおんせん~)さよか 梅の花を撮ると1年の始まりを意識する 今年ゃ どんな画像と巡り会えるかな…

梅だより 1

夜勤前に軽くエントリーしときますと今年始めて節分の画像を撮りにいくことができなかった(バイトのジジぃがよせばいいのに旅行へ行ったからである) なので今朝はショボく梅小路公園へ赴き梅の開花状況を視察(ショボく咲き始めだ) 最近発見したが梅が満…

休日ドライヴィング日記 3

敦賀をあとにして帰りは湖東へ回って行きつけのスーパー銭湯にて 露天とチビたいチビたい水風呂の往復 (精神修行をかねて5回繰り返す) ちょうど夕日の時間となったので長浜方面へ赴いた 風がびゅんびゅん吹いてなんともイマイチな夕日だ 場所を変えて伊吹…

休日ドライヴィング日記 2

氣比神宮に着いて雨もあがってきたようだ 当地のみなさまは信心深いヒトが多いことを発見した つづく。

休日ドライヴィング日記

久方ぶりの休みに湖西を抜けて敦賀まで回る寿司を食べに行った天気予報が大当たりで敦賀に入ったとたん雨 せっかくだから赤レンガ倉庫に行くと休みだった待っててもいっこうにミュージアムは開門しない(休みやもんなぁ) さきほど通り過ぎた氣比神宮へ行っ…

夜勤前・20分ほどの朝散歩 ・つづき

大きなゲストハウスの裏路地は 人があまり通らない狭い狭い路地である 白い椿の集団がソプラノで合唱していた と・コレぁオマケで年末の散歩時の風景「バスを待つ人」 年末になってやっと秋色を見つけた按配だった。 おわり。

夜勤前・20分ほどの朝散歩

正月気分もぬけてきたが京都北山山系も今年ゃ白くならない そろそろ社会復帰とゆーか去年末に撮った紅葉画像もまだまだ貼り付けていきたいトコロだが 先日・オールドレンズを1本付けて夜勤前の散歩に出たご近所で見た冬の花でも貼っておこう。 あ、コレぁ木…

京都ゑびす神社

正月も10日を過ぎてやっと休みの日がきたと・言っても夜勤明けなんで早起きは不可能だ太陽が昼を通過するとこんな影ができる お茶屋街を通ると京都ゑびす神社の裏へ出て逆行コースを敢行すると若干(早い)と思う ふう~む、商売繁盛しとるではないか(手…

正月・散歩・鳥類

早いモノで年が明けて17日目か とにかく正月なんてカンケなくひたすら夜勤が続いたから正月4日、夜勤前のご近所散歩で目についた鳥類を撮った(その画像でも貼っておこう) (たぶんオードリーという鳥類と思われる) ひよどりってゆーのか 隣の屋根によく来…

去年の画像から

今週のお題「2020年の抱負」 先日ぁ欲を出さずボチボチと・・・・・ とコメしたんやから今年の抱負っちゅーのはない ただまぁ 去年撮った画像よりお気に入り画像が 今年も撮れればとは思う 「勝負ありッ!」 「ヤギと暮らす」

新春散歩 (パン屋巡り)

年末年始とずぅ~っと仕事で夜勤明けの休みでは 真の休日にはならん・という状況の中 近くの駅に散歩した 僕が生け花を撮ってると後ろに男女2・3名が 必ずケータイを翳す(こゆのを烏合の衆と言う) 駅・南北通路は国内外人の大移動でゴッタ返し状態だが …

12月の紅葉 (智積院)

養源院の次は近くのいつもの場所へ行ってみた それまで放置状態であった自転車用バック 転職後の通勤と撮影移動時に活躍している ギリギリの晩秋ってイメージかな。

12月の紅葉 (養源院)

地球温暖化のおかげとゆーのもナニですがネ 今月始めの休日にチャリンコこいで養源院に行ったら やっぱし紅葉は残っていた あ、しかし12月ともなりゃ観光客も少ない感じ 日頃人が少ないほうがええと思てまんにゃけど こーゆーショットでは人物を入れへん事に…

最後の坊村訪問

今月初旬しつこくも坊村を訪ねたが やっぱり初冬の雰囲気であった 愛犬と御殿山からワサビ峠を経て武奈というコースか カメラを置いて僕も登りたくなった 森の中へ入ると陽が差してきた それなりに綺麗だと思った 若干コース間違いもあったが 久多から美山を…

今年の秋季

最近夜勤が多いから早起きができないその日はなぜか早起きしたので写真を撮りに出た 美山のおばちゃんは家の周りをめちゃくちゃ花できれいにしているほんで働き者でもある 秋の始まりの頃かあまりに短く混雑が物凄いのでいつが秋という季節か判断しかねる(…

京都写真ビエンナーレ2019を観て

特に画像に意味はなしタイトルつけるなら「退屈な風景の向こうに」か(苦笑) っちゅーことで行ってきたのでありますがやはり大賞をとられた野口氏「独居」には唸らせられた画風が似ていたのは西岡さんの優秀賞「凍てつく港」(どちらも水木しげるか つげ義…

夜勤前の散歩 つづき

陽気のせいか こんなのもヒラヒラ飛んでいた 鳩はのんびり日光浴だった 蟻の生態について限界まで近寄ってみたが ワタクシ同様よく働く人格者だった っちゅーことで本日もこれから夜勤だが早起きして 「第17回京都現代写真作家展 京都写真ビエンナーレ2019」…

夜勤前の散歩

仕事をするにはバカバカしいほどいい天気だったそれでも夜勤に行かねばならんので午前中に近所を散歩した 東寺の南門 大体この辺りはウチの庭みたいなもんだ 東寺の境内を抜けて梅小路公園まで来た と・ゆートコロで次回へ・・・ つづく。

再度 坊村へ  Ⅱ

まだ その日の画像がありましたんで まとめて貼っときます 12月に入りましたけど 市内はけっこう紅葉も残ってるもんで 本日も撮りに行ってきました(順番に更新していく予定です) んじゃ また次回まで。

再度 坊村へ(秋の水音)

永源寺の次は 再度坊村へ行った(と・記憶する) たぶん台風の影響か 細いもみじの木が倒れて 健気に黄葉していた いつもの橋の上から・・ 今年はこの時期 僕の休みも少なかったがソレと比例して 昨今の秋という季節がキョクタンに短くなった気がする。

永源寺

錦秋のこの季節・少ない休日にどこえ行くか とりあえず毎度の永源寺へ赴いた どっちかつーと紅葉は若干早いというか今年はイマイチな色 (と・思えた) 愛知川渓谷 こんな綺麗な場所も駐車場にしてしまうんやから 贅沢っちゅーかもったいない気がする 朱の床…

時事ネタ

先日ぁ重症なるケガして昨日から軽い鼻風邪やから 本日ぁ行きたいトコロが いっぱぁ~いあるけど 涙をのんで自重しとこ (ひさしぶりの休みやのにモッタイナイ話だ) で、2年前の季節はずれなる画像だが 昨今話題の新天皇陛下の御即位と桜を見る会を表現した…

興聖寺

大津市である坊村を後に367号線を北上して高島市である朽木まで (けっこう距離あるなと始めて実感した) よく海水浴シーズンに通る道だがこんな古刹があるとは知らなんだ 安曇川を挟み比良山系を借景とした庭園が・・ いゃ 京都在住の僕にはこの静けさが大…

坊村

話は前後しますが今月初めに行った坊村です 冷え込んできたけど紅葉はイマイチで 山間から陽がさすと屋根から湯気が出てた 紅くなってたのはこの辺だけ で、こんな感じに撮った 小雨まじりで強風 サブぃんで次の候補地を目指した つづく。

残照

今月の初め頃 朽木へ行ったが例年より紅葉が遅かった 小浜へ抜け みやげ屋はナニだからセコく地元のスーパーで 魚を買った、鯖のみりん干しなんてメチャ美味い ほて美山経由で帰ろうと名田庄を抜けるときは西日がキツかった と・その時見つけたスポットであ…

2019・夏の思い出

「無心」 今年の下賀茂神社ふるほんまつりにて 無心に読みふける兄妹の姿が印象に残った 僕も無心になれる本とはけっこうめぐり合った気がする。